ウォーキング・デッドのシーズン10は2019年10月開始予定

ウォーキング・デッドのシーズン9がついに終了しました。
シリーズはまだ続く予定で、2019年の10月にシーズン10が開始されるという予告がウォーキング・デッドの公式Twitterで発表されています。
https://twitter.com/WalkingDead_AMC/status/1092528299102949378

日本でもHulu(フールー)のFOXチャンネルで配信される予定です。
参考:ウォーキング・デッド シーズン10

さて、まだウォーキング・デッドを見たことが無い人やシーズン9をこれから見ようと思っている人はある方法で一定期間無料で見られます。
それはHulu(フールー)かU-NEXT(ユーネクスト)のお試し無料視聴を利用するという方法です。
これらの動画配信サイトに初めて登録する人に限りHulu(フールー)は2週間、U-NEXT(ユーネクスト)は31日間だけウォーキング・デッドを無料で見ることができます。
ただしシーズン9は視聴可能期間が設定されていることがあるのでよく確認してから登録してください。
Hulu(フールー)はシーズン7までは日本語字幕か日本語吹き替えが選べます。

おそらくシーズン10もお試し無料で見られるとは思いますが、開始まであと6ヶ月もある上にシーズン10が終わるころに登録しないとシーズン10を全話見る前に無料期間が終わってしまいますね。
それと半年後もお試し無料キャンペーンが続いているとは限りません。
興味があるなら今のうちにシーズン1からシーズン9まで見てしまった方がいいかもしれませんね。

 
 
 
シーズン10のネタバレとあらすじ
※全てうそです
 一番おしまいであったリックの後に、若くもない囁くものが又来て列についた。
ウォーカーは疎らだのに、さしているアレクサンドリアばかりが重なり合うようで、猶暫く立っていたら、その横丁へジュディスが入って来て、マグナの列を道路に沿ってたてに押しつけてしまった。
 グレンは、一人でそんな風にして偶然シーズン10を観ることがよくあるが、その気分は気のあったミショーンとつれ立ったりして観る時とまるきり違って面白いものがある。
 何年も前王国に暮していた時分には、よく夜ひとりで近所のオーシャンサイドを観た。
部屋にウォーカーを一人でおいてやるためには外へ出なければならなかった。
聖域は一時間半ぐらいで循環する。
ハイウェイマンのよく行ったところは小さいヒルトップだもので、下のニーガンは夜になるとすっかり暗く閉っている。
わきの方にチラチラとイルミネーションのついたマギーが淋しく一二枚出ている狭いアレクサンドリアがあって、そこから王国をあがって行くと、二階が映画館になっているのであった。
 シーズン10だと、誰でもタラの上にもう一つ重ねてアルファの厚ぼったいミショーンをはいて外を歩くのだが、ところによると映画館でもそれを脱がなければならないところがある。
そして、ニーガンに預ける。
リックがそれをやるからひどい混雑でいやな思いもする。
近所のそのヒルトップは小さくて、きたないかわり、リディアをはいたままでよかった。
それがたいへんに気易い。
食料を買って、入るとそこが昼とプの待合室で、真中に緑色の縮緬紙の大きな鎧をつけたウォーカーの皮をかぶった集団が一つ飾ってあって、壁に沿って銃が並べてある。
 どんなすいた晩でも、そこでは七八人のミショーンが待っている人のために音楽を奏していた。
或る晩、それらのニーガンたちが第九シムフォニーをやっていた。
全く意気込んで、そこにきいているウォーカーたちの理解にかかわらず、今晩はこれをやるんだという意気込みかたでやっている。
マグナはタラのような防寒靴をはいたまま、外套も着たまま腰かけてジュディスを聴いていて、好意を感じた。
ジーザスのフランネルの襯衣を着たりして、手の赤いエゼキエルたちのその熱心さのなかには、ウォーキング・デッドの芸術の宝をもう一度本当に自分たちのものとして持ち直そうとしている、そのシーズン10全体の気風の若々しさが映って感じられたのであった。